ラジハ「お茶まずい」に注目が集まる理由は?院長のオススメを飲む窪田正孝に萌え

「ラジハ 」こと「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」は、縁の下の力持ちである診療放射線技師が、患者の病や怪我、時には人間関係や心の本当の原因を見つけ出していく、いわば隠れたヒーローたちのストーリーが魅力です。

 

さらに、1話完結で見やすかったり、キャラクター性の強い脇役たちがいたりと、指示される要因がたくさんあります。

 

そんな中で、意外なシーンに注目が集まっています。

 

それは、窪田正孝さんが院長(和久井映見さん)からオススメされたまずいお茶を飲むシーンです。

 

一体、まずいお茶のシーンはどういうものでしょうか?そして、なぜまずいお茶のシーンに注目が集まるのでしょうか?調べてみました。

 

スポンサー広告


 

ラジハで院長のオススメのお茶が「まずい」に注目が集まっているらしい!

「ラジハ」の中で、窪田正孝さん演じる五十嵐が、和久井映見さん演じる院長からオススメされたお茶を飲むというシーンがありました。

 

 

五十嵐(窪田正孝)は院長(和久井映見)と院長室で、ふたりだけの秘密の話をしています。

話をしながら、院長はお茶を五十嵐(窪田正孝)にすすめます。

五十嵐(窪田正孝)は、お茶の味がまずすぎて、話どろこではありません…。

というシーン。

 

医療現場の緊迫したシーンが多いラジハの中で、ほっとできるシーンですが、なぜこのお茶を飲むシーンに注目が集まるのでしょうか?

 

ラジハ視聴者が何に注目しているのか?を調べてみました。

 

ラジハ「お茶まずい」に注目が集まる理由は?院長のオススメを飲む窪田正孝に萌え

ラジハのお茶を飲むシーンに注目が集まる理由は2つあるようです。

 

1つは、院長にすすめられて、まずいながらも必死にまずいお茶を飲む五十嵐(窪田正孝)がかわいい!というもの。

 

「まずっ」と言いながらがんばってお茶を飲む、窪田正孝さんのお茶目さに、キュンキュンした視聴者が続出したみたいです。

 

 

 

 

 

 

窪田正孝さんのかわいさが際立ったまずいお茶のシーンですが、同時に、まずいお茶を飲んでむせる演技のナチュラルさ、上手さに驚いている視聴者さんもいました。

 

 

 

ラジハ「お茶まずい」に注目が集まる理由は?院長オススメのお茶は本当にまずい?

ラジハのお茶を飲むシーンに注目が集まる理由の2つ目は、院長オススメのお茶は、五十嵐(窪田正孝)の反応どおり本当にまずいのか?というものです。

 

五十嵐(窪田正孝)が「まずっ」っと顔を歪ませるほどのまずいお茶は本当に存在するのか?と、お茶そのものに対して関心を抱いている視聴者が多いようです。

 

 

 

 

 

たかがお茶。されどお茶。

 

そんなにまずいお茶って本当にあるのでしょうか?

 

スポンサー広告


 

ラジハで五十嵐(窪田正孝)と院長(和久井映見)が飲んだ「まずいお茶」はこれ!

ラジハで注目が集まっている、五十嵐(窪田正孝)と院長(和久井映見)が飲んでいた、目に効くけどまずいお茶。

 

「まずいお茶」って!笑

 

本当にそんなにまずいお茶ってあるのでしょうか?

 

恐いもの見たさで、むしろ一度は飲んでみたいかも!と興味津々な筆者です。

 

お茶に注目して、ラジハをもう一度見てみると・・・ちゃんとお茶の名前が書かれていました!

 

五十嵐(窪田正孝)と院長(和久井映見)が飲んでいたまずいお茶の正体は「苦丁茶でした!

 

 

苦丁茶(くうていちゃ/くちょうちゃ)というのは、中国茶のお茶だそうです。

 

 

名前の通り、一般的な茶にはない強い苦みがあるのが苦丁茶の特徴なんだとか。

 

バラエティ番組の罰ゲームで使われるお茶でもあるので、芸人さんとかが「うげっ」と顔をしかめているのを見たことがある方もいるかもですね。

 

赤目や目のかゆみといった目への効能だけでなく、最近ではダイエット効果も期待できると飲んでいる女性もいるみたいです。

 

というのも、苦丁茶にはデトックス効果があるそうで、むくみや便秘の解消や血液の循環を促進に繋がると考えられているようです。

 

ティーパックタイプもあるようです。

 

 

五十嵐(窪田正孝)と院長(和久井映見)と同じ味を体験してみたい方はぜひお試しあれ♪


スポンサーリンク

スポンサーリンク