「千と千尋の神隠し」食事シーンでお父さんが食べるプニプニは肉圓?ジブリの回答 

「千と千尋の神隠し」を見る度に気になるのが、食事シーンで千尋のお父さんが食べてるプニプニです。

 

拳(こぶし)くらいの大きさで、箸で持ち上げるとプニプニとしていて、じゅるっとすすって食べるお父さんの姿を見ていると、美味しそうで気になってました。

 

「千と千尋の神隠し」食事シーンでお父さんが食べるプニプニは肉圓?ジブリの回答  「千と千尋の神隠し」食事シーンでお父さんが食べるプニプニは肉圓?ジブリの回答  「千と千尋の神隠し」食事シーンでお父さんが食べるプニプニは肉圓?ジブリの回答 

 

「千と千尋の神隠し」を見る度に気になるので、千尋のお父さんが食べてるプニプニについて調べてみました。

 

スポンサー広告


 

「千と千尋の神隠し」食事シーンでお父さんが食べるプニプニは肉圓(バーワン)じゃない!

「千と千尋の神隠し」食事シーンでお父さんが食べるプニプニを調べていると、肉圓(バーワン)ではないかという説が多く見受けられました。

 

「千と千尋の神隠し」食事シーンでお父さんが食べるプニプニは肉圓?ジブリの回答 

 

肉圓(バーワン)は、台湾でとても愛されている食べ物で、庶民の味なのだとか。

 

もちもちっとした生地の中に椎茸や豚肉などを詰めて蒸した食べ物で、甘辛いタレなどをかけ食べるそうです。

 

「千と千尋の神隠し」食事シーンでお父さんが食べるプニプニは肉圓?ジブリの回答 (引用:https://tour.taitung.gov.tw/ja/shop/detail/901)

 

「千と千尋の神隠し」は、台湾の「九份(きゅうふん)」という町がモデルと噂されています。

 

さくらこも実際に「九份」に行ったことがありますが、提灯(ちょうちん)が灯るノスタルジックな風景は、「千と千尋の神隠し」の世界に入り込んだかのようでしたし、町の一角には「カオナシ」に似たお面が飾ってもありました。

 

「千と千尋の神隠し」が「九份」を舞台にしているのではないか?という点から鑑(かんが)みると、千尋のお父さんが食べてるプニプニは「肉圓(バーワン)」で確定だと思われます。

 

というのも、肉圓(バーワン)は九份の名物料理でもあり、美味しいお店が町中に点在していますから。

 

でも!!

 

違うんです!!!

 

お父さんが食べるプニプニについて、スタジオジブリが言及しているんです!!!!!

 

「千と千尋の神隠し」食事シーンでお父さんが食べるプニプニのジブリの回答

「千と千尋の神隠し」食事シーンでお父さんが食べるプニプニについて気になったさくらこですが、さくらこ同様にプニプニの正体が気になった方がいたみたいです。

 

そして、その方はなんと、スタジオジブリに、直接、手紙を送って問い合わせたそうです。

 

プニプニの正体が気になって手紙を送った方が、スタジオジブリからの回答をツイッターでシェアしていました。

 

千と千尋の神隠し見てて思い出したけど、すごーい昔お父さんの食べてる物と両親が豚になった事が疑問で疑問だったからジブリに手紙送ったら、忘れた頃に返信きた笑 今もこの手紙は額縁に飾って保管してる笑

*のんたろす*@0910noncha

 

「千と千尋の神隠し」の食事シーンでお父さんが食べるプニプニについて、ジブリの回答はどうかというと…

 

「千と千尋の神隠し」食事シーンでお父さんが食べるプニプニは肉圓?ジブリの回答 
(引用:*のんたろす*@0910noncha)

 

千尋のお父さんが食べている不思議な食べ物

 

特に明らかにされていないので、異界の不思議な、しかも”すごくおいしそうな”食べ物であるということぐらいしか言えません

 

鶏肉のようにも見えますが、お母さんが「骨まで柔らかいよ」と言っているので、鶏だとしたらまるごと食べるのは無理です。

 

湯婆婆によると「お客様の食べ物」ということですから、神様たちと、彼らをもてなすこの世界の住人しかわからない生き物の料理なのでしょう。

 

しかし、千尋が「この町はおかしい」と気付いた頃、お父さんお母さんはすっかり豚になり言葉も失っているというのは、あまりにタイミングが良すぎる気がします。

 

 「お客様の食べ物」であるだけでなく、「迷い込んだ人間を待ち受ける罠」と考えてもいいかもしれません。

 

・・・スタジオジブリって、きちんと回答を送ってくれるんですね!神対応!!!

 

というところにまずはビックリ!

 

「千と千尋の神隠し」食事シーンでお父さんが食べるプニプニは肉圓?ジブリの回答 
(引用:*のんたろす*@0910noncha)

 

そして、肝心の食事シーンでお父さんが食べるプニプニについては、「異界の不思議な、しかも”すごくおいしそうな”食べ物」であり、それは「お客様の食べ物」であると共に「迷い込んだ人間を待ち受ける罠」でもあるとのことなんですね。

 

食べ物としてだけではなく、迷い込んだ人間を待ち受ける罠というメタファーを含ませてくるあたりが、さすがスタジオジブリ!というかんじです。

 

おわりに

いかがでしたか?

 

さくらこは「千と千尋の神隠し」を見るたびに気になっていたプニプニが解明されてすっきりしました。

 

プニプニは「肉圓(バーワン)」そのものではないようですが、「肉圓(バーワン)」をモデルにしているというのは一理あると思います。


スポンサー広告

スポンサー広告