世界一受けたい授業の主題歌「ぼくの先生は♪」は「熱中時代」のテーマソング

バラエティ番組「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)は、子どもからお年寄りまで一緒に楽しめる番組ですよね。

 

家族揃って「へぇ〜」とか「ほぉ〜」とか、驚きながら見ているという家も多いのではないでしょうか?

 

「世界一受けたい授業」では、各界の著名人が先生として登場して、目からウロコな授業が展開されるので、目が離せませんが、番組を盛り上げているのが「ぼくの先生は〜♪」という主題歌ではないでしょうか?

 

筆者も、ついつい口づさんでしまいます。

 

「世界一受けたい授業」で幾度となく耳にしてきた曲ですが、知らないこともたくさん!

 

そこで、「世界一受けたい授業」主題歌についてまとめてみたいと思います♪

 

スポンサーリンク


 

世界一受けたい授業の主題歌「ぼくの先生は〜♪」って誰の曲?

「世界一受けたい授業」で幾度となく耳にしてきた「ぼくの先生は〜」という主題歌。

 

この曲は誰が歌っているのでしょうか?

 

「世界一受けたい授業」の主題歌は「ぼくの先生はフィーバー 〜世界一バージョン〜という曲でした。

 

 

世界一受けたい授業の主題歌「ぼくの先生は〜♪」を歌っているのは?

主題歌を歌っているのは原田潤(はらだじゅん)さん(1969年4月18日生まれ)です。

 

原田潤さんが1978年に子役として活躍していた時の声で、「ぼくの先生はフィーバー」が収録されているので、「世界一受けたい授業」で流れている音楽も、子どもの声なのだそうです(詳しくは後述)。

 

世界一受けたい授業の主題歌「ぼくの先生は〜♪」の作詞は超有名作詞家が担当

「世界一受けたい授業」の主題歌「ぼくの先生はフィーバー」の作詞は、橋本淳(はしもとじゅん)さんが作られています。

 

橋本淳さんは、「ブルー・ライト・ヨコハマ」「亜麻色の髪の乙女」の作詞や、グループ・サウンズの作詞を手がけた方で、2000曲以上の作詞をされている超有名作詞家さんです。

 

世界一受けたい授業の主題歌「ぼくの先生は〜♪」の作曲家は歌謡界のヒットメーカー

「ぼくの先生はフィーバー」の作曲は、平尾昌晃(ひらおまさあき)さんがされています。

 

平尾昌晃さんは、五木ひろしさんの「よこはま・たそがれ」、小柳ルミ子さんの「瀬戸の花嫁」などなど多くの名曲を残されています。

 

世界一受けたい授業の主題歌「ぼくの先生は♪」は「熱中時代」テーマソング

主題歌「ぼくの先生はフィーバー」ですが、実は、大人気ドラマ「熱中時代」のテーマソングにも使われていたというのを知っていますか?

 

知っていますか?と聞いているものの、筆者は世代ではないので、あまりピンときませんが・・・。

 

 

 

「熱中時代」は、水谷豊さん演じる先生と小学生たちを描く学園ドラマと、刑事ドラマがあったようですが、「ぼくの先生はフィーバー」がテーマソングになっていたのは、水谷豊さんが先生を演じる学園ドラマの方のようです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

熱中時代 DVD-BOX [ 水谷豊 ]
価格:37519円(税込、送料無料) (2019/5/4時点)

 

 

ドラマ「熱中時代」は、最終回の視聴率が46.7%(ニールセン調べ)という驚異の数字を叩き出したそうです(すごすぎます!)。

 

そのため「世界一受けたい授業」で「ぼくの先生はフィーバー」がかかると、ドラマを思い出して、懐かしい気持ちに浸る方も多いそうです。

 

まさかこのCD(ぼくの先生はフィーバー)が出ているとは思わなかったので、ビックリしました。何かの番組で使われているそうですね。そちらの番組は知りませんが、それをきっかけにこの名曲が復活してくれたことに「感謝!感謝!」です。

というコメントを見つけました♪

 

「世界一受けたい授業」の主題歌は、ドラマ「熱中時代」の「ぼくの先生はフィーバー」の演奏部分だけをリメイクしているようです。

 

ちなみに…「ぼくの先生はフィーバー」を歌っている原田潤さんは、ドラマ「熱中時代」第1シリーズの第10話(1978年放送)に出演していたそうです。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク