【コヒバニ】実写ドラマ2話(2杯目)のあらすじと感想!ドキドキすぎて心臓もたない

「コーヒー&バニラ(通称「コヒバニ」)」(ドラマ特区)の実写ドラマの2話(2杯目)は見ましたか?

 

2話目も、1話目以上に、キュンキュンしましたね!

 

このドラマ、ぜーーーったいに、親や夫の前じゃ見れないです(苦笑)

 

実写ドラマ「コヒバニ」2話(2杯目)のあらすじと感想をまとめてみたいと思います♪

 

「コヒバニ」2話(2杯目)見逃し動画

■放送終了から1週間以内はTVerの無料視聴がオススメ
(配信期間:放送終了から次回放送開始前まで)

■第1話(1杯目)〜最新話をフル視聴

※ドラマ「コヒバニ」はAmazon prime ビデオにて独占配信!(見放題)

・プライム会員なら追加料金なしで視聴可能
・30日間無料体験あり

 

【コヒバニ】実写ドラマ2話(2杯目)のあらすじ・ネタバレあり

「コヒバニ」実写ドラマ2話(2杯目)は、白城リサ(福原遥)の同級生、吉木翼(小越勇輝)が登場し、深見宏斗(桜田通)とのライバル関係がスタートしました。

 

◆キャストや相関図はこちらからチェック◆

 

あらすじは・・・

 

スポンサーリンク


 

【コヒバニ】実写ドラマ2話(2杯目)のあらすじ(初デート)・ネタバレあり

リサと深見は、初めての甘い夜を過ごしました。

そして翌朝、ベットの中でリサが目を覚ますと、深見宏斗が誰かと電話をしています。

深見宏斗はリサが起きたことに気づかずに、「青葉台学院大学(リサの通う大学)かぁ・・・驚くだろうな、俺の正体を知ったら」と話していました。

 

(ここまでが第1話(1杯目)です)

 

朝、目覚めると近くに深見がいることに、さらに完璧すぎるおしゃれな朝食を作ってくれる深見に、感動しているリサ。

しかしその一方で、深見の全く分からない素性や、先ほどの電話口での意味深な発言が引っかかったままです。

 

深見は、そんなリサの心情に気づく様子もなく、「リサのことを全部知りたい」と、いつもリサが行く所に連れて行くよう、リサに頼みます。

初めてのデートにドキドキしながらも、完璧すぎる深見には不釣り合いなのではないかと不安になります。

ウィンドウショッピングを楽しんでいると、深見がリサに「何か聞きたいことは?」と尋ねます。

リサは思い切って何の仕事をしているのか聞きますが、全く当たりません。

結局、リサはここでも深見のことを何も知れないままでした。

 

ウィンドウショッピングを終え、街中を並んで歩いていると、子ども連れの家族とすれ違います。

その仲の良い家族を見つめながら、深見との将来に思いを馳せるリサ。

すると深見が「俺たちもいつか…」と、まるでリサの心の声が聞こえていたかのような言葉に、リサはドキドキしてしまいます。

さらに、「虫がつかないように」と、指輪をリサの薬指にはめ、その指輪にそっと口づけます。

 

 

【コヒバニ】実写ドラマ2話(2杯目)のあらすじ(大学にて)・ネタバレあり

リサは授業のため大学の講義室でひとり席に座って、深見から貰った指輪を見つめています。

学内の男子は、その指輪に気付き、高嶺の花であるリサに本命の彼氏ができたのでは?と噂しています。

そんな仲、大学の同級生の吉木翼(小越勇輝)がリサの隣の席に座ります。

 

 

リサの彼氏に興味津々な様子な吉木は、どんな彼氏なのか、根掘り葉掘り聞き出そうとします。

すると・・・

 

講義が始まり、特別講師としてやってきたのは、深見でした。

深見は有名企業の社長だったのです。

泊まった日の翌日に、電話口で深見が話していたことが、このことだった分かり安堵するリサ。

その隣で、リサの彼氏が深見なのだと確信を持つ吉木の表情は複雑そうです。

 

 

講義が終わり、先に帰ってしまった深見を追いかけてリサが構内を探し回っていると、突然、手を掴まれて部屋に引き込まれます。

リサの手を掴んだのは、深見でした。

深見は「驚いた?」とリサに尋ねると、続けて「彼はリサを好きなんだと思うよ」とリサの隣にいた吉木を話題にあげます。

そして、リサは深見を疑っていたことを謝ります。

そんなリサに深見は「いけないこだね」と言うと、「メガネをとって」と自分のメガネを取るよう指示し、そっと口を重ねます。

ふたりのそんな様子を、リサを追ってきた吉木が見てしまいます。

 


 

そんな吉木を、深見は、挑戦的な目で見つめます。

 

スポンサーリンク


 

【コヒバニ】実写ドラマ2話(2杯目)のあらすじ(吉木の好意)・ネタバレあり

甘い夜を過ごした翌日に、深見が完璧な朝食を作ってくれたことを思い出しているリサは、料理が上手になりたいと願っていました。

吉木はリサに、バイト先のキッチンを借りて料理を教えることを提案します。

リサは戸惑いながらも、断りきれずに吉木のテンポに流されてしまいます。

 

 

料理を教えるという口実で、体の距離を近づけてくる吉木に、リサはドギマギ。

電話が鳴っていますが、そのことにも気づきません。

さらに、突然、「りぃちゃん」と自分だけの呼び方でリサを呼び始める吉木に、深見の言っていた通り、明らかに吉木から好意を持たれていることをリサが理解します。

 

吉木は、大学の男子から声をかけられるだけで、緊張してしまうリサを目撃してから、ずっと気になっていたと打ち明けます。

すると、電話に出なかったリサを心配した深見が、リサと吉木の前に現れます。

「送ってくれてありがとう」と大人な対応をする深見に、吉木は「諦めない」と言い残しその場を立ち去ります。

 

【コヒバニ】実写ドラマ2話(2杯目)のあらすじ(吉木とリサと深見)・ネタバレあり

深見のマンション。

バニラアイスを食べて笑うリサを見た深見が「やっと笑った」と頭をいい子いい子します。

そして、「コーヒー飲む?」と聞きますが、「苦いの苦手でしょ?」と、なぜかリサがコーヒーが飲めないことを既に知っている様子。

リサは吉木のことを、ちゃんと自分で断ると告げます。

 


 

翌日の大学。

リサは吉木に話がしたいと誘いますが、吉木は「聞きたくない」と拒否されてしまいます。

それでも、リサは吉木の気持ちには応えられないことを真っ直ぐに伝えると、「りぃちゃん、フルの早すぎ」と言いながら、リサに壁ドンをします。

その拍子に、吉木はリサの首元に、♡♡マークがついていることに気づきます。

ーー続くーー

 

【コヒバニ】実写ドラマ2話(2杯目)の感想!ドキドキすぎて心臓がもたない!

「コヒバニ」の実写ドラマ2話(2杯目)を見てのみんなの感想をまとめてみました!

 

コヒバニ感想!実写ドラマ2話(2杯目)の深見(桜田通)の色気がやばい!

 

 

 

 

コヒバニ感想!実写ドラマ3話(3杯目)以降も待ち遠しい!早く見たい!

 

 

コヒバニ感想!実写ドラマ化も最高すぎ!

 

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク