芦田愛菜「マザー」子役オーディションですごい演技!書類落ちから逆転エピソード

芦田愛菜(あしだまな)ちゃんは、言わずと知れた天才子役ですよね。

 

芦田愛菜ちゃんを一躍有名にした「motherm(マザー)」(2010年放送/日本テレビ系)を、さくらこもリアルタイムで見てました。

 

芦田愛菜 マザー オーディション

 

「mother」はそうそうたる女優さん・俳優さんがキャスティングされてました。

 

主演の松雪泰子(まつゆきやすこ)さんをはじめ、名女優の田中裕子(たなかゆうこ)さん、演技派女優の尾野真千子(おのまちこ)さん、人気俳優の綾野剛(あやのごう)さんといった、すごい出演陣に囲まれても引けを取らない・・・むしろ1番目を引いてしまう女優さんが、芦田愛菜ちゃんでした。

 

芦田愛菜 mother(出典:http://www.ntv.co.jp/mother/chart/index.html)

 

芦田愛菜ちゃんの演技の評判を調べてみると、「演技がわざとらしい」「演技が下手」「演技が嫌い」という、マイナスな評判が見受けられました。

 

Wow!!

 

世の中の声って厳しいのねぇ。

 

そこで、子役時代の芦田愛菜ちゃんの演技のすごさを多くの人に知ってほしい!!と思い、子役オーディションでの芦田愛菜ちゃんのすごいエピソードをまとめました。

 

スポンサー広告


 

芦田愛菜は「mother」の子役オーディションで実は書類落ちしていた

芦田愛菜(あしだまな)ちゃんを一躍有名にした「mother」ですが、

 

実は「mother」の子役オーディションで、芦田愛菜ちゃんは書類審査で落ちていたんです。

 

それは何故なのでしょうか?

 

芦田愛菜ちゃんが「mother」子役オーディションで、書類審査が落ちた理由について、プロデューサーの次屋尚(つぎやひさし)さんがお話しされていました。

 

motherプロデューサー次屋尚

 

小学校1年生の女の子の役だった。

だから、本当は小学校3年生〜4年生くらいで身長が低い子、歳はいっているんだけれど小学校1年生に見える子、っていう中から選ぶのが、本当は成功法なんです。

(「mother」プロデューサーの次屋尚さんインタビューより)

 

子役を演じる場合、通常であれば

  • 実年齢は演じる役の2〜3歳上の子ども
  • 演じる役よりも年齢は上だが、演じる役の年齢に見える子ども

という2つの条件を満たして初めて、子役オーディション(演技を見てもらう)のスタートラインに立てるということです。

 

芦田愛菜 mother オーディション(「motherm(マザー)」1話より)

 

「mother」に出てくる、鈴原継美(すずはらつぐみ)=道木怜南(みちきれな)は小学1年生の女の子です。

 

小学校1年生の6歳の女の子の役を演じるのであれば、子役に求められる最低条件が9〜11歳に達している必要があるということです。

 

「mother」の子役オーディションが行われた当時、芦田愛菜ちゃんの年齢は5歳(幼稚園年中さん)だったので、最低条件である年齢に達しておらず、書類審査の段階で落ちてしまったということですね。

 

芦田愛菜 mother オーディション秘話(「motherm(マザー)」1話より)

 

ひと言メモ

鈴原継美=道木怜南の役どころ

鈴原継美(=道木怜南)は小学校1年生ながらどこか現実的な言動をとったり、冷静な態度を見たりと、学校からは「不思議な子」と認識されている。
自分の好きな物をノートに書き出していて「すきなものノート」として常に持ち歩いている。
母親と母親の彼氏から虐待を受けながらも健気に耐えている。

 

芦田愛菜「mother」子役オーディションでの書類落ちから逆転エピソード

芦田愛菜(あしだまな)ちゃんが、「mother(マザー)」の子役オーディションを書類審査で落ちていたというすごい事実があったわけですが、ではどのようにして子役を勝ち取ったのでしょうか?

 

芦田愛菜ちゃんが、書類落ちから逆転できたエピソードをご紹介します。

 

芦田愛菜「mother」書類落ち!その後オーディションの機会を与えられたエピソード

芦田愛菜ちゃんは、書類審査で落ちたにもかかわらず、その後のオーディションの審査を受けらえるようになった経緯は何だったのでしょうか?

 

「mother」プロデューサーの次屋尚(つぎやひさし)さんが、書類審査で落ちた芦田愛菜ちゃんとどのように出会ったか?についてお話しされていました。

 

mother 芦田愛菜 エピソード

 

あるマネージャーさんが、書類上落ちちゃったんだけれども、どうしても…一瞬だけでも会ってほしいと言われて会ったのが芦田愛菜ちゃんだった。

 

芦田愛菜ちゃんは、当時5歳だったので、この子に小学校1年生の役が演じられるわけがないと思っていた

(「mother」プロデューサーの次屋尚さんインタビュー)

 

芦田愛菜 mother オーディション秘話

 

書類審査で落ちてしまった芦田愛菜ちゃんが、「mother」の子役オーディションを受けられたのは、あるマネージャーさんの「どうしても芦田愛菜ちゃんのすごい演技を見てもらいたい!」という熱い思いがあったからだったんですね。
 

芦田愛菜「mother」子役オーディションのエピソード/演技が上手なわけではない?!

 

芦田愛菜 mother オーディションエピソード(「motherm(マザー)」1話より)

 

芦田愛菜ちゃんの「mother」子役オーディションでのエピソードは、書類審査で落ちたという驚くべき事実の他に、もうひとつ、実は「演技が上手なわけではない」けれど選ばれたというエピソードもあったんです。

 

決して芦田愛菜ちゃん1人だけ、他の子よりも芝居が上手だっていうわけではなかった。実は。

(「mother」プロデューサーの次屋尚さんインタビュー)

 

芦田愛菜 motherオーディション

 

年齢に達していないことが理由で「mother」の書類審査で落ちてしまった芦田愛菜ちゃん。

 

あるマネージャーさんの熱意によって、子役オーディションを受けるチャンスを手にしたにも関わらず、芦田愛菜ちゃんがオーデォションで見せた演技は、他の子どもたちと大差がないものだったとのこと。

 

そんな芦田愛菜ちゃんが、子役オーディションで役を勝ち取れたのはどうしてでしょうか?

 

それは、芦田愛菜ちゃんが芦田愛菜ちゃんにしかできない演技をしたからだそうです。

 

愛菜ちゃんは、「芦田愛菜」でしかできないお芝居で僕たちに向かってきた

大人の代役が戸惑うようなお芝居で(芦田愛菜ちゃんが)返してくる。

(「mother」プロデューサーの次屋尚さんインタビュー)

 

芦田愛菜 mother 

 

脚本家の方が、あの雰囲気(芦田愛菜ちゃん)を脚本にして、今まで書いたものを書き直すと言ってくれた。

(「mother」プロデューサーの次屋尚さんインタビュー)

 

芦田愛菜 mother

 

芦田愛菜ちゃんは芦田愛菜ちゃんにしかできない演技で子役を勝ち取っただけでなく、大人たちも戸惑うような演技によって、それまで準備してきたことを全てやり直ししてでも作品に出てもらいたい!!と思わせてしまったということですね。

 

花ネコ
小さな5歳の女の子が、作品に関わる全ての大人たちを魅了したんだね。
芦田愛菜ちゃん、本当にすごいにゃ!!!

 

スポンサー広告


 

芦田愛菜「mother」子役オーディションでのすごい演技の様子

芦田愛菜(あしだまな)ちゃんが「mother(マザー)」の子役オーディションの演技審査を受けている様子をご紹介します。

 

芦田愛菜 mother 子役オーディション

 

「mother」子役オーディションを受けている他の子は、9〜11歳でしょうか?

 

5歳の芦田愛菜ちゃんが、ひときわ小さいのが分かりますよね。

 

子役オーディションで、芦田愛菜ちゃんは「mother」の1話に出てくるあの名シーンを演じます。

 

「くりーむそーだぁ。」

 

芦田愛菜mother子役オーディション

 

「すきなものをかくの。きらいなもをかいちゃダメだよ。」

 

芦田愛菜 mother 子役オーディション

 

「きらいなもののことをかんがえちゃダメ。すきなもののことをずっと考えるの。」

 

芦田愛菜mother子役オーディション

 

「わかった?」

 

芦田愛菜 オーディション

 

芦田愛菜を一躍有名にした「mother」のテレビ視聴はできるか?

芦田愛菜ちゃんを一躍有名にした「mother」は、日本テレビ系で、2010年4月14日から6月23日まで、毎週水曜日22:00〜22:54に、地上波にて放送されました。

 

完全オリジナルストーリーで、脚本は坂元裕二さんによる書き下ろし作品です。

 

「第65回ザテレビジョンドラマアカデミー賞」で最優秀作品賞を
「東京ドラマアウォード2010作品賞」で<連続ドラマ部門> 優秀賞を
「第37回放送文化基金賞」でテレビドラマ番組部門 テレビドラマ番組賞を受賞するなど、
「mother」は数々の賞に輝いている名作です。

 

さらに、Yahoo!JAPANで実施された「2010年春ドラマ満足度ランキング」では全体投票率の22%(14805票)もの支持を得て、どうどうの1位に選ばれました!

 

ドラマ好きのさくらこは、毎シーズンいろいろなドラマを見てきましたが、
「mother」は特別なドラマだったなと改めて感じます。

毎回大号泣したドラマは他にないですね。

 

今のところ「mother」は
ネットでしか見れないみたいです。

 

「mother」を一気に全話見たい!

という方もいれば

「mother」をリアルタイムで見ていなかった!

という方もいらっしゃるでしょう。

 

涙なしには見れない芦田愛菜ちゃんの名演技
mother」は
hulu(フールー)」というサービスで視聴できます。

 
芦田愛菜 moter
 

お金を払ってまで見るのは悩むかも…
という方もいらっしゃるかもしれませんが、

huluでは
2週間お試し視聴キャンペーンを
行なっており、

見逃してしまったドラマを無料で楽しむことできるんです。

 

さらに「mother」のプロデューサーと脚本家がタッグを組んだ

「anone」
「woman」

などの名作も楽しむことができます。

 

この機会に、ぜひぜひ名作ドラマを楽しんでみてください♪

 

無料キャンペーンの2週間でも
かなり楽しめますよ。

 

2週間で解約をしないと
月額料金が発生するようになりますので、
継続利用を希望されない場合は注意してくださいね!!!

 

「mother」で芦田愛菜ちゃんの名演技を
無料で見てみる

↓↓

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

おわりに

いかがでしたか?

 

芦田愛菜ちゃんの子役オーディションでのエピソードは驚きのことが多かったのではないでしょうか?

 

芦田愛菜ちゃんのすごさを知ってもらえたら嬉しいです。

 

・・・あ〜っ。また「mother」を見たくなっちゃいました!


スポンサー広告

スポンサー広告