萩原健一はなぜショーケンと呼ばれてるの?はぎわらと関係ないニックネームの由来

萩原健一(はぎわらけんいち/1950年7月26日生)さんは、ショーケンというニックネームで呼ばれていますよね。

 

ショーケンの「ケン」は「健一」が由来なのは分かりますが、よくよく考えると、「ショー」が「萩原」と全く関係ないことが気になります。

 

考えれば考えるほと、なぜ?なぜ?なぜ?と頭の中はハテナでいっぱい!

 

そこで、萩原健一さんがなぜ「ショーケン」というニックネームなのか?について由来を調べてみました!

 

スポンサー広告


 

萩原健一はなぜショーケンと呼ばれてるの?はぎわらと関係ないニックネームの由来

萩原健一(はぎわらけんいち)さんが、なぜ「ショーケン」と呼ばれているのでようか?

 

本名が由来かなと思ったのですが、本名は萩原敬三(はぎわらけいぞう)さんだったので、やはり「ショー」とは関係がありませんでした。

 

そこで、「ショーケン」のニックネームの由来を調べたところ、2つの説があることが判明しました。

 

2つの説について、それぞれ見ていきましょう!

 

萩原健一がなぜショーケンと呼ばれているのか?①トムスの不良仲間説

萩原健一(はぎわらけんいち)さんが、なぜ「ショーケン」と呼ばれているのか?について調べていると1番多く出てくるのが、不良仲間説です。

 

不良仲間がショーケンの由来だという説については・・・

 

萩原健一さんが芸能界でデビューする前の話です(デビューは1967年で、17歳の時です)。

 

萩原健一さんは、東京の六本木にある「トムス」というクラブにたむろしていたそうです。

 

そして、たむろしていた3人の仲間の名前には「ケン」がついていたそうです。

 

そこで、不良仲間3人の身体の大きい順に、「ダイケン」「チューケン」「ショーケン」と名付けられたそうです。

「大ケン」「中ケン」「小ケン」ということですね。

そして、萩原健一さんが、3人の不良仲間の中で最も体が小さかったから「ショーケン」と呼ばれていたそうです。

 

萩原健一がなぜショーケンと呼ばれているのか?②小学校同級生説

萩原健一さんが、なぜ「ショーケン」と呼ばれているのか?について調べると小学校同級生説が、不良仲間説に続いて多く出てきました。

 

小学校の同級生がショーケンの由来だという説については・・・

 

萩原健一さんが小学生の時の話です。

 

同じクラスには「ケン」が名前に付く男の子が3人いたそうです。

 

そこで、「ケン」が付くクラスメイトの身体の大きい順に、「ダイケン」「チューケン」「ショーケン」と名付けられたそうです。

 

萩原健一さんは、3人のクラスメイトの中で最も体が小さかったから「ショーケン」と呼ばれるようになったそうです。

 

萩原健一はなぜショーケンと呼ばれてるの?のまとめ

萩原健一さんが、なぜ「ショーケン」と呼ばれているのか?については、2つの説がありました。

 

ただ2つの説に共通するのが

  • 名前に「ケン」が付く男の子が3人いた
  • 3人の「ケン」は「ダイケン」「チューケン」「ショーケン」と呼ばれた
  • 3人の「ケン」の中で萩原健一さんが1番身体が小さかった

という点です。

 

それなので、萩原健一さんのニックネームの由来が、身体が小さいから「ショーケン」からきていることは間違えなさそうです。

 

ちなみに、萩原健一さんの身長は174cm(Wikipediaより)なので、そこまで小さいとはいえないかな・・・^^

 

萩原健一ことショーケンの作品を紹介

最後に、萩原健一さんことショーケンさんの作品を紹介しますね。

 

萩原健一さんのデビュー曲から♪

 

萩原健一さんは、「ザ・スパイダース」の弟分である「ザ・テンプターズ」のボーカルとして、17歳でデビューしました。

 

 

ロックバンドでデビューした萩原健一さんが俳優へと本格的に転身し、人気を不動にしたのが、TVドラマ『太陽にほえろ!』のマカロニ役です。

 

萩原健一さんはテレビドラマだけでなく、映画の世界へと活躍の幅を広げます。

 

初めて映像化された「八つ墓村」に、萩原健一さんが出演しています。

 

なんどもリメイクされている映画ですが、この作品が1番怖いと言われている作品です。

 

パッケージからして、すでに怖い・・・!

 


スポンサー広告

スポンサー広告