月とオオカミちゃんには騙されない「月LINE」「太陽LINE」とは?意味は?

『月とオオカミちゃんには騙されない』を見ているとよく出てくる「月LINE」「太陽LINE」ですが、今期から見はじめた女子には「何それ?」「どういう意味なの?」と疑問に思うのではないでしょうか?

そこで、『月とオオカミちゃんには騙されない』の重要なルールの1つ「月LINE」と「太陽LINE」についてまとめていきたいと思います。

 

月とオオカミちゃんには騙されない「月LINE」とは?意味は?

『月とオオカミちゃんには騙されない』では、恋愛を進めていく上でいくつかのルールがありますが、そのひとつが「月LINE」です。

「月LINE」の読み方は「つきらいん」です。

『オオカミちゃん(くん)』シリーズでは、気になる相手をデートに誘うときは、必ずLINEで連絡を取らなくてはいけません。

月LINEは、誘った相手にだけメッセージが届くLINEで、メンバーは誰にメッセージが届いているのか?どんなメッセージが届いているのか?は全くわからないシステムです。

 

月LINEとは?使い方は?

月LINEを使ってデートを誘う時には「月LINEを使います」という宣言をグループLINEの中でします。

他のメンバーにも月LINEを使うことが通知されるので、誰が月LINEを使うのか?は明らかになります。

ただ、その後のメッセージは月LINEでメッセージを送った人と、送られた人にしか見れません。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

💟恋好きオオカミちゃん🐺(@abema_kkoa)がシェアした投稿

 

月LINEは誘った相手にだけメッセージが届くので、メンバーは誰にメッセージが届いているのか?どんなメッセージが届いているのか?は全くわかりません。

 

「月LINE」は何がいいの?使う意味は?

月LINEでデートに誘えば、いつどこで待ち合わせをするのか?が他のメンバーに分からないため、好きな相手と2人きりで誰にも邪魔されずにデートができます。

そのため、基本的には、心から気になっている相手に、自分の思いを伝えるために、月LINEでデートに誘う場合がほとんどです。

それなので、月LINEでデートに誘われた時点で「あなたが本命です」の意味とほぼほぼイコールです。

 

「月LINE」は何回使えるの?

月LINEを使えるのは、『月とオオカミちゃんには騙されない』放送期間中に1回だけです。

そのため、いつ月LINEを使うのか?が恋愛を大きく左右します。

 

「月LINE」は誰が使えるの?

月LINEを使えるのは、『月とオオカミちゃんには騙されない』に出演しているメンバー全員です。

男子メンバーも、女子メンバーも、一人一人が月LINEを1回使える権利があります。

 

月とオオカミちゃんには騙されない「太陽LINE」とは?意味は?

『月とオオカミちゃんには騙されない』でデートに誘う方法は「月LINE」の他に、もう1つ「太陽LINE」があります。

「太陽LINE」の読み方は「たいようらいん」です。

『オオカミちゃん(くん)』シリーズでは、気になる相手をデートに誘うときは、必ず月LINEか太陽LINEのどちらかで連絡を取らなくてはいけません。

太陽LINEは、メッセージがメンバー全員に届くLINEで、誰にメッセージが届いているのか?どんなメッセージが届いているのか?が全員に分かります。

 

太陽LINEとは?使い方は?

太陽LINEを使ってデートを誘うと、そのメッセージがメンバー全員に公開されます。

そして、太陽LINEの内容を見た他のメンバーも、そのデートに参加することができます。

 

 

 

「太陽LINE」は何がいいの?使う意味は?

太陽LINEでデートに誘えば、いつどこで待ち合わせをするのか?が他のメンバーにも分かります。

そのため、誰と誰がいつどこで会うのか?が明確になるので、そのやり取りを見て、気になっている相手のデートを邪魔したり、自分ももっと近くための参加したりもできます。

太陽LINEでデートに誘った時点で「あなたが本命です」とみんなに公開で宣言している意味にもなります。

一方で、太陽LINEでデートに誘われていないのに、そのデートに参加していれば、そのデートにいる誰かを気になっているという意味になります。

 

「太陽LINE」は何回使えるの?

太陽LINEを使えるのは、『月とオオカミちゃんには騙されない』放送期間中に1回だけです。

月LINEの使用回数と同じですね。

 

「太陽LINE」は誰が使えるの?

太陽LINEを使えるのは、『月とオオカミちゃんには騙されない』に出演しているメンバー全員です。

男子メンバーも、女子メンバーも、一人一人が太陽LINEを1回使える権利があります。

つまり、月LINEと太陽LINEと、1回ずつ使える権利がひとりひとりに与えられているわけです。