東京都内で七夕の短冊がかける神社はどこ?願い事を書きたい!2019年最新版

願いが叶います様に・・・そんな思いを込めて書く七夕の短冊。

 

子どもの頃は、学校の行事で、七夕になると短冊を書いていましたが、大人になるとどこで短冊を書けばいいのでしょうか?

 

どうせならデパートとかじゃなくて、神社できちんと短冊に願いを書きたいなぁと思ったので、東京都内で七夕の短冊が書ける神社を探しました!

 

スポンサーリンク


 

東京都内で七夕の短冊がかける神社①港区の烏森神社

東京都内で七夕の短冊が書ける神社1つ目は、港区の新橋駅の近くにある「烏森神社(からすもりじんじゃ)」です。

 

社殿横に5色の短冊が置いてあり、参拝者が願い事を書けます。

 

烏森神社は、七夕に合わせて、短冊のスタンプ付きの期間限定御朱印もあるようです。

 

 

烏森神社の短冊祈願

烏森神社の短冊祈願についてです。

 

短冊祈願の期間:7月1日〜7月7日
(烏森神社ホームページより)

短冊を書ける場所:社殿横

 

烏森神社について

烏森神社は、日本神話に出てくる、倉稲魂命(ウガノミタマノミコト)、天鈿女命(アメノウヅメノミコト)、瓊々杵尊(ニニギノミコト)が祀られています。

芸能の神と崇められている天鈿女命(アメノウヅメノミコト)をお祀りしている数少ない神社です。

 

烏森神社は、

  • 必勝祈願の成就
  • 商売繁盛
  • 技芸上達
  • 家内安全

のご利益があるといわれています。

 

御朱印::9時〜17時(日によって12時まで)
公式ツイッターにて最新情報を連絡

住所:〒105-0004 東京都港区新橋2-15-5

ホームページ:http://karasumorijinja.or.jp/

ツイッター:https://twitter.com/Koikichi_K

地図:

 

神社までのアクセス:

  • JR新橋駅 西口・日比谷口より 徒歩2分
  • JR新橋駅 烏森口より 徒歩3分
  • 東京メトロ(銀座線・都営浅草線)新橋駅 徒歩2~3分

 

東京都内で七夕の短冊がかける神社②千代田区東京大神宮

東京都内で七夕の短冊が書ける神社2つ目は、千代田区の飯田橋駅の近くにある「東京大神宮(とうきょうだいじんぐう)」です。

 

6月1日から7月7日まで短冊(300円)を書くことができますが、笹に結びつけるのは神職と巫女が行うため、自分では結べません。

 

込織姫短冊・彦星短冊・幸せ星短冊の3種類が用意されているいます。

 

 

 

 

短冊が結ばれた笹は、7月1日〜7月7日まで、回廊に飾られます。

 

午後9時までは、ライトアップされるため、幻想的で美しい笹竹を見ることができます。

 

 

東京大神宮の短冊祈願

東京大神宮の短冊祈願についてです。

 

短冊祈願の期間:6月1日〜7月7日

短冊について:織姫短冊・彦星短冊・星短冊いづれも初穂料各300円

飾られる期間:7月1日〜7日(回廊にて)

短冊のライトアップ:7月1日〜7日(回廊にて)

七夕祈願祭:7月7日
祈願祭の参列の予約は不要。
受付時間は午後1時30分から午後5時30分
祈願祭は午後2時から約100名ごとに数回に分けて行う

短冊を書ける場所:?

 

東京大神宮について

東京大神宮は、「東京のお伊勢さま」として有名で、天照皇大神(あまてらすおおみかみ)、豊受大神(とようけのおおかみ)など伊勢神宮の神々が祀られています。

 

また、天照皇大神(アマテラスオオミカミ)に仕えている、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、高御産巣日神(たかみむすびのかみ)、神産巣日神(かみむすびのかみ)、倭比賣命(やまとひめのみこと)も祀られています。

 

縁結びにご利益のある神社としても広く知られ、良縁を願う人たちの参拝が後を絶ちません。

 

休日ともなると、縁結びを願う女性の列が境内から出てしまうほどの人気です。

 

良縁のほか、家内安全、商売繁昌、厄除開運、交通安全、学業成就などの願いも成就してくれるといわれています。

 

お守り授与時間:8時〜19時

御朱印受付時間:9時〜17時

住所:〒102-0071 東京都千代田区富士見2-4-1

ホームページhttp://www.tokyodaijingu.or.jp/index.html

地図:

 

神社までのアクセス:

  • JR中央・総武線「飯田橋駅」徒歩約5分
  • 東京メトロ有楽町線・南北線・東西線「飯田橋駅」徒歩約5分
  • 都営地下鉄大江戸線「飯田橋駅」徒歩約5分

 

スポンサーリンク


 

東京都内で七夕の短冊がかける神社③文京区の牛天神北野神社

東京都内で七夕の短冊が書ける神社3つ目は、文京区にある「牛天神北野神社(うしてんじんきたのじんじゃ)」です。

 

七夕の時期になると、神殿の向殿(むかいでん)に笹を取り付けるそうで、参拝者も願い事を短冊に書けます。

 

そして、願い事を書いた短冊は、8月15日のおたきあげで星に届けてくれるとのことです。

 

牛天神北野神社の短冊祈願

牛天神北野神社の短冊祈願についてホームページ掲載の情報をまとめます。

 

短冊祈願の期間:7月1日〜7月8日

短冊のおたきあげ:8月15日

短冊を書ける場所:神殿の向殿(むかいでん)

 

 

牛天神北野神社について

牛天神北野神社は、学問の神様として有名な天神様「菅原道真」公が祀られています。

また、境内にある牛の形をした岩(願い牛)をなでると願いが叶うといわれています。

 

 

開門 : 午前6:00〜午後5:00

住所:〒112-0003 東京都文京区春日1-5-2

ホームページ:http://ushitenjin.jp/

地図:

 

神社へのアクセス:

  • 地下鉄丸ノ内線・南北線 後楽園駅 徒歩10分
  • 地下鉄三田線・大江戸線 春日駅 徒歩10分
  • JR中央線・地下鉄東西線・南北線・大江戸線・有楽町線 飯田橋駅 徒歩10分

 

東京都内で七夕の短冊がかける神社④墨田区の高木神社

東京都内で七夕の短冊が書ける神社4つ目は、墨田区にある「高木神社(たかぎじんじゃ)」です。

 

 

2019年の高木神社の七夕は、TVアニメ『からかい上手の高木さん』とのコラボレーション企画が行われています。

オリジナルの短冊が用意されていたり、キャストやスタッフの直筆短冊が飾れたりしています。

 

 

高木神社の短冊祈願

高木神社の短冊祈願について、特にホームページに情報が載っていませんでした。

短冊祈願の期間:?

短冊を書ける場所:境内の特設コーナー

 

高木神社について

高木神社は、平成30年6月に、御鎮座五百五十年記年を迎えた古い神社です。

 

日本神話において2番目に生まれた神、高皇産靈神(タカミムスビノカミ)が祀られています。

 

「産霊(むすひ)」は男女の「むすび」を象徴する神であるとも考えられて、下町の縁結びとして人気が高い神社です。

 

また、限定の御朱印等もあり常に注目が集まっています。

 

境内からは東京スカイツリーは圧巻です。

 

社務所::午前9:00~午後17:00

住所:〒131-0045 東京都墨田区押上2-37-9

ホームページ:http://ushitenjin.jp/

地図:


神社へのアクセス:

  • 東武スカイツリーライン「曳舟駅」徒歩5分
  • 京成押上線「京成曳舟駅」徒歩7分
  • 東京メトロ半蔵門線・都営浅草線「押上駅」A3出口より徒歩7分

スポンサーリンク

スポンサーリンク