ノンコメドジェニックの化粧品とは?ひどいニキビで皮膚科で薦められたけど…

急にニキビがひどくなってしまって、皮膚科へ駆け込みました。

 

もともとニキビができにくい顔だったのに、数ヶ月前から、大きなニキビがポツポツ誕生。

 

何してもニキビが治ることはなく、1つが消えてもまた別の場所に1つできるため困っていました。

 

皮膚科で言われたのは「ノンコメドジェニックの化粧品を選ぶといいですよ」のアドバイス。

 

のんこめどじぇにっくぅ〜?!初めて聞く化粧品だったので調べてみました!

 

筆者のニキビ状況

  • 皮膚科で「ニキビ」と診断を受けました
  • 37歳になってから急激にニキビが出てきた
  • 眉間に1〜2つのニキビ・こめかみに小さなニキビ・あごや首や耳に大きめのニキビが数個
  • 皮膚科からは塗り薬を処方された

 

スポンサーリンク


 

ノンコメドジェニックの化粧品とは?ひどいニキビでお困りの女性の救世主

ノンコメドジェニックの化粧品って何なのでしょうか?

 

「ノンコメドジェニック」の化粧品とは「ニキビができにくいことを確認している化粧品」なのだそうです!

 

ニキビができているからといって、メイクをしないわけにはいかないですもんね。

 

そんな時には、ニキビができにくい化粧品=「ノンコメドジュニック」の化粧品を使うといいそうです。

 

(東京女子医科大学東医療センター皮膚科の澤田美月先生 談)

 

「コメド」とは?

「ノンコメド」の「コメド」とは、ニキビのはじまりである毛穴がつまった状態のことを指すそうです。

 

本当なら、毛穴から出ていくはずの皮脂が、毛穴に詰まってしまっているとのこと。

 

 

ノンコメドジェニックの探し方は?ノンコメドジェニックテスト済みとは?

「ノンコメドジェニック」の化粧品ってどこに売っているのでしょうか?化粧品はどうやったら見つかるのでしょうか?

 

実はよくよく探してみると「ノンコメドジェニックテスト済み」と記載されている化粧品がありました。

 

「ノンコメドジェニックテスト済み」とは、コメド(ニキビの元)のできやすさを評価するために行うテストをクリアした化粧品のことを指すようです。

 

ただ、残念ながら、国などの法的な試験や基準があるわけではなく、各会社(化粧品製造販売元であることがほとんど)の責任と判断に表示が任せられているようで、会社側の判断なのだそうです。

 

「ノンコメドジェニック処方」と「ノンコメドジェニックテスト済み」の違いは?

「ノンコメドジェニック」の化粧品を探していると「ノンコメドジェニック処方」と「「ノンコメドジェニックテスト済み」の2つの表記があることに気づきます。

 

「処方」と「テスト済み」の違いは何なのでしょうか?

 

「ノンコメドジェニック処方」化粧品とは、コメド(ニキビ)ができにくい成分を使った化粧品のこと。

 

「ノンコメドジェニックテスト済み」化粧品とは、ノンコメドジェニックテスト(ニキビのできやすさテスト)をクリアした化粧品のこと。

を指すとのことでした。

 

スポンサーリンク


 

ひどいニキビでも化粧をしたい!けど化粧はしない方がいいの?

ひどいニキビの時って、肌のことを考えたら化粧はやめた方がいいのは理解しているけど…けどけど、ニキビの時ほど化粧で隠したい!!と思ってしまうのが乙女ゴゴロですよね。

 

東京女子医科大学東医療センター皮膚科の澤田美月先生は、ニキビがあっても化粧をするメリットとして

  1. 紫外線カットができる(紫外線はニキビに悪影響を与える)
  2. ニキビを刺激することを避けられる(触ったりいじったりを防ぐ)
  3. ニキビを目立たなくさせることができる

とおっしゃっていました。

 

ニキビの悪化を防ぐためにも、化粧をすることはマイナスだけではないということが分かりますよね。

 

 

ノンコメドジェニックの化粧品一覧!ニキビで困っている時のメイクに

ニキビでも化粧をしなくちゃいけない状況や、ニキビの悪化を防ぐために化粧をしたいということであれば、その時に使用する化粧品は、やっぱりニキビができにくい「ノンコメドジェニック」の化粧品を選びたいですよね。

「ノンコメドジェニック」の化粧品をまとめてみました!

 

 

日米売上NO.1のニキビスキンケア「プロアクティブ」は全商品がノンコメドジェニック

ニキビスキンケアと聞いて真っ先に「プロアクティブ+」を思い浮かべる女子も多いのではないでしょうか?

 

プロアクティブは全商品がノンコメドジェニックで、ニキビの原因になりにくい処方です。
※全ての方にコメド(ニキビのもと)が発生しないということではありません。
ホームページより)

 

薬用プロアクティブ+。実力派ニキビケア

 

アメリカのメーカーですが、日本で売られているスキンケア商品は日本人の肌に合わせた成分に変えているそうです(ホームページより)。

 

また、「プロアクティブ+」では無料サンプルはないそうですが、60日間返金保証があるため、初めての方もお試ししやすくなっているのも魅力です。

 

*非正規品も出回っているようなので購入の際は注意してくださいね!

 

→楽天で「https://search.rakuten.co.jp/search/mall/プロアクティブ+/」をチェック♪

→Amazonで「プロアクティブ+」をチェック♪

 

DHC化粧品の薬用アクネケアベースメークシリーズは全商品がノンコメドジェニック

DHC化粧品の「薬用アクネケアベースメークシリーズ」も全商品がノンコメドジェニックです。

 

シリーズ全品薬用成分配合で、メークしながら肌荒れ・ニキビを防ぎ、気になる部分を効果的にカバー。
シリーズ全品紫外線防止成分配合で、ニキビの大敵である紫外線をカットします。
さらに、DHCならではのスキンケア発想で、独自の製法で抽出した肌荒れを防ぐ成分(濃縮オリーブリーフエキス)や、引き締め成分(アーティチョークエキス)を配合。すこやかな肌へと導きます。
全品ノンコメドジェニックテスト済み、アレルギーテスト済みで、安心してお使いいただけるベースメークシリーズです。
ホームページより)

 

薬用アクネケアベースメークシリーズ

 

ホームページにはこんなコメントが並んでいました♪

 

春ごろからニキビができ始めるので、アクネケアに切り替えます。 アクネケアの下地を塗って、これを塗るだけでニキビができにくくなる気がします。

 

毛穴レスになり肌表面が均一滑らかに。メイクもノリが良くヨレませんし、メイクしない時はこれだけでもノーメイクよりは見栄えが違います。もっと早く知りたかった。必需品です。

 

→楽天で「https://search.rakuten.co.jp/search/mall/薬用アクネケアベースメーク/」をチェック♪

→Amazonで「薬用アクネケアベースメークシリーズ」をチェック♪

 

キュレル(Curel)の化粧品はノンコメドで乾燥性敏感肌のパッチテストも実施済み

ノンコメドジェニックテストをしているだけでなく、乾燥性敏感肌でのパッチテストやアレルギーテストも実施済みの「キュレル(Curel)」の化粧品なら、安心して使えますよね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キュレル BBクリーム 自然な肌色(35g)【キュレル】
価格:1705円(税込、送料別) (2019/11/25時点)

 

楽天の口コミを見ると・・・

最高に良い商品でした。パウダーが細かいです。薄付きなのにカバー力があり、とても透明感が出ます。

これを使ってから夜でも突っ張らなくなりました。もう手放せません。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キュレル 透明感パウダー(4g)【キュレル】
価格:2310円(税込、送料無料) (2019/11/25時点)

 

楽天の口コミを見ると・・・

敏感肌用のBBクリームですが カバー力はあります。つけ心地も軽くて 気に入りました。

カバー力もそこそこあり、べたつきもないし、伸びもよい。使っている下地との相性もよいのか、時間がたっても、毛穴落ちなし、汚く崩れない。これは今の時期だけでなく、使い続けたいと思いました。

 

 

→楽天で「https://search.rakuten.co.jp/search/mall/キュレル%E3%80%80ベースメイク/」をチェック♪

→Amazonで「キュレルのベースメーク」をチェック♪


スポンサーリンク

スポンサーリンク