パーフェクトクライム(ドラマ)5話のあらすじと感想(ネタバレあり)

「パーフェクトクライム」(ドラマ)
5話は、東雲遥斗(桜田通)の
これまでの謎が紐解かれました。

 

「パーフェクトクライム」第4話までは、
主人公の前島香織(トリンドル玲奈)
目線で描かれてきました。

 

5話からは、東雲遥斗(しののめ)の立場で
ドラマが展開していくようです。

 

ドラマのタイトルが示す
「パーフェクトクライム(完全犯罪)」は
東雲遥斗の企みのことなのでしょうか…?

 

「パーフェクトクライム」(ドラマ版)
5話のあらすじ(ネタバレあり)と感想
をご紹介します♪

 

スポンサー広告


 

パーフェクトクライム(ドラマ)のキャストと関係図

パーフェクトクライムのキャストと関係図

前島香織役:トリンドル玲奈
東雲遥斗役:桜田通
冬木拓馬役:眞島秀和
小野幸哉役:落合モトキ
冬木美和役:伊藤ゆみ
宇佐美礼子役:喜多陽子
加藤千夏役:永尾まりや

 

(出典 https://www.asahi.co.jp/perfect_crime/#next)

 

パーフェクトクライム(ドラマ)5話のあらすじ(ネタバレあり)・前半

場面はニューヨーク。

 

ニューヨーク支社から東京本社へ栄転に
なった冬木拓馬(眞島秀和)を追って帰国
した美和(伊藤ゆみ)を忘れらない東雲遥斗(桜田通)。

 

同僚の小野幸哉(落合モトキ)もまた、
ニューヨーク支社から東京本社へと移動となる。

 

ある日、東京本社へ移動となった小野幸哉から
東雲遥斗に電話が入り冬木拓馬と美和が
結婚することを告げられる。

 

美和への思いを忘れられない東雲遥斗は
仕事に没頭し、必死で思いを断ち切ろうとする。

 

それなのに、ある日、美和から突然電話が入る。

 

「昨日から友達の結婚式で
ニューヨークに戻っているの」

 

東雲遥斗に対して残酷なことをしている
とも知らず、無邪気に話す美和。

 

美和を諦めきれない東雲遥斗は、
自宅に連れてきた美和と無理矢理
関係をもった。

 

・・・

 

愛しても愛しても
美和が愛するのは冬木拓馬だということ。

 

自分が愛されることはないのだと
分かっていても東雲遥斗は美和を愛していた。

 

・・・

 

東雲遥斗は休暇を取って日本に一次帰国し、
先輩である小野幸哉を居酒屋へ呼び出す。

 

場面は居酒屋。

 

東雲遥斗が美和への思いを断ち切ったと
思い込んだ小野幸哉は、
美和の驚きの事実を告げた。

 

「神様はちゃんと見てる。
お前を裏切った美和ちゃんは今、
冬木部長に裏切られてる」

 

美和の夫である冬木拓馬が、
部下の前島香織(トリンドル玲奈)と
不倫関係にあるというのだ。

 

不倫関係に至った原因が、
前島香織が言い寄ったことだと知った
東雲遥斗であったが、気持ちは踊っていた。

 

東雲遥斗は、夫の不倫をきっかけに、
美和の心を取り戻せるのではないかと
期待していたのだ。

 

スポンサー広告


 

パーフェクトクライム(ドラマ)5話のあらすじ(ネタバレあり)・後半

場面は郊外のカフェ。

 

これを機に美和の気持ちを取り戻せるかも
と考えた東雲遥斗は美和に連絡をとり、
冬木拓馬の部下との不倫を話す。

 

ところが美和は、
東雲遥斗の話を全く信じなかった。

 

美和は「彼を愛しているの」と伝えると
東雲遥斗を後にした。

 

・・・

 

ニューヨークへ戻ろうとする東雲遥斗の元に
美和から「死にたい」との連絡が入る。

 

靴を脱ぎ捨て湖に入っていこうとする美和を
東雲遥斗が引き止め、美和は一命を
取り止めることができた。

 

不倫をする冬木拓馬にしがみ付く美和に
自分との結婚は考えなかったか?と問うと
「友達」だという答えが返ってきて
愕然とする東雲遥斗。

 

そんな時、美和の電話が鳴った。
冬木拓馬からの電話だ。

 

先程まで取り乱していたのが嘘かのように、
軽やかな声で冬木拓馬からの電話に出ると
美和は、そのまま冬木拓馬の元へ帰って行った。

 

・・・

 

簡単に壊せると思っていた
美和と冬木拓馬の関係だったが、
東雲遥斗の思うようには進まなかった。

 

ニューヨークに戻った東雲遥斗は自宅で、
美和とのツーショット写真を燃やし、
気持ちの整理をつけた。

 

東雲遥斗は美和への気持ちに蓋をして
仕事に没頭する日々を送っていたある日、
ロッキングチェアの社内コンペが行われた。

 

デザイナーの受賞が暗黙だったコンペは、
敏腕デザイナーの東雲遥斗への期待も高く、
東雲遥斗自身もまた勝つ自信があった。

 

ところが、社内コンペの結果は、
プランナーである前島香織が勝った。

 

美和を失った東雲遥斗にとって
仕事が唯一の生きる糧だったが、
そのプライドさえも失ってしまった。

 

東雲遥斗の苦しみは
憎しみへと変わっていった。

 

前島香織が、愛する美和を苦しめ、
自分をも苦しめるのだと
考えるようになっていたのだ。

 

・・・

 

東雲遥斗は勉強したいという名目で、
東京本社への異動を希望し、
その願いが通る。

 

前島香織を俺が粉々に潰す。

 

東雲遥斗はそんな深い憎悪を持って、
東京本社へと乗り込んできたのだ。

 

そうして、東京本社への出勤初日。

 

オフィスに入ろうとする東雲遥斗と、
打ち合わせに向かおうとする前島香織が
衝突し、前島香織が書類をばら撒いてしまう。

 

スポンサー広告


 

パーフェクトクライム(ドラマ)5話の感想

パーフェクトクライム5話の感想は…

 

演技力が…とか、ありえない状況…とか、
色々思うのですが、気になってしまって
やっぱり見てしまった5話!笑

 

演技力がイマイチなのは愛嬌♪
ありえない状況だからこそ面白い♪
と割り切って見ようと思います。

 

5話の感想は、
東雲遥斗が前島香織に近づいた理由が
少しずつ見えてきて面白かったです。

 

5話の最後に、1話に戻るという構成も
筆者は好きでした。
こう話が繋がるのかー!って♪

 

女性(前島香織)の面と、
男性(東雲遥斗)の面の両方の感情が
見れるのって楽しいですね。

 

東雲遥斗の愛が深すぎるが故に
愛から憎悪に変わっていく様は、
なんだか切なかったです。

 

心が壊れて、
全てがどんどん壊れていく。

 

そんな東雲遥斗の姿は、
悲しくも美しいから、
さらに切なさが増します。

 

筆者は5話を見て、小野幸哉に裏が
あるのでは?と疑ってしまいました。
本当に良い先輩なのでしょうか?

 

美和の現状を伝えたのもワザと?
実は裏がある(東雲遥斗に好意がある)?
って考えるのは深読みしすぎでしょうか?

 

「パーフェクトクライム」(ドラマ)5話の動画を見る方法

「パーフェクトクライム」(ドラマ)を
見るならTSUTAYA TVがオススメです♪

 

 

トリンドル玲奈さんや桜田通さんも
登場する番外編も見れますよ♪

 

「パーフェクトクライム」の漫画原作

パーフェクトクライム」は
漫画が原作になっているドラマです。

 

 

紙+電子書籍(コミック)で
100万部も突破している
大人女子から大人気の漫画です。


スポンサーリンク

スポンサーリンク