32人抜きをした三井の社長が語る、選ばれるリーダーとは

こんにちは。さくらこです。

 

「ごぼう抜き」というと何を想像しますか?

 

マラソンや競馬の中継などで聞くことが多い言葉ですが、
ビジネスの世界にも「ごぼう抜き」があるみたいです。

 

メディアでも話題になったのでご存知かもしれませんが、
32人抜きをして社長に抜擢された人がいます。

 

32人抜きってすごすぎて、
さくらこは、もはや意味不明です。

 

32人抜きをした三井の社長とは?

 
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-07-0-23-26
(出典:http://toyokeizai.net/articles/-/58995)
 

32人抜きをした人というのが、三井物産の社長に就任した安永竜夫(やすなが たつお)さんです。
就任当時54歳。

 

それまで社長を務めていた飯島さんが、退任当時64歳ということを考えると、
三井物産は、10歳も若い社長になったということです。

 

戦後の昭和34年に現在の三井物産として再スタートして以来、最年少の社長でもあります。

 
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-07-19-38-13
(出典:http://jp.reuters.com/article/vale-mitsui-mozambique-idJPKBN0JN2LY20141209)
 

三井物産は財閥系企業の1つです。

財閥系企業での執行役員からの抜擢は異例!!
年功序列重視の日本企業にとって新しいモデルになるのではないかと注目されています。

 

昭和58年に入社し、製油所の建設事業などに携わってきた安永さん。
アジアやアメリカなど、世界中を股にかけてビジネスチャンスを追い求めました。

 

40代になると、安永さんは、社内で、“タフネゴシエーター(手ごわい交渉人)”と呼ばれるまでに評判を高めました。
安永さんが社長に抜擢されたのは、粘り強い交渉力と冷静な判断力が人事から評価されたからだといわれています。

 

32人抜きってどういうこと?

32人抜きをして三井物産の新社長が抜擢されたことは、本当にすごいことだとは思います。

 

・・・思います・・・が、
その一方で、32人って何?!とも思いました。

 

32人って多すぎじゃないですか?

 

32人を抜いて抜擢されたということは、
少なくとも執行役員が32人よりも多く存在すということですよね。

 

三井物産の新社長が32人抜きで抜擢されたのは、
飛び越えるだけの多くの役員がいたことの表れでもあります。

 

歴史ある大手商社や重厚長大産業の中には、今でも年功的意識が根強く残っている会社も多く存在します。
三井物産に限らず、取締役の多い企業はたくさんあるようです。

 
20150627kotoba02
(出典:http://www.nhk.or.jp/keizai/kotoba/20150627.html)
 

当時、安永さんはヒラの執行役員でしたが、32人もの執行幹部を抜いて新社長に抜擢されました。
そのため、取締役の一人は安永さんの名前が上がった際に、「安永?」と聞き返したほどだったそうです。

 

年功的意識が根強く残っている会社にとって、「常務→専務→副社長→社長」の順番どおりに上がっていくことが当たり前という感覚なのでしょう。

 

それにしても、ついこの間まで自分自身より上の役職だった32人もの人がいるとなると、とてもやりにくいような気がしますが、
32人抜きをするような人は、そこに対する捉え方も凡人とは違います。

 

経済フロントライン(BS1)のインタビューの中で、
安永さんが抜いた32人もの人たちのことを、
「年上ですけど、目上ではないです。」
ときっぱりと言い切っています。

 
 
自分が社長なのだ!という意思の強さを感じます。

 
20150627kotoba05
(出典:http://www.nhk.or.jp/keizai/kotoba/20150627.html)
 

32人抜きをした三井の社長が語る、選ばれるリーダーとは

 
32人抜きをした三井物産の新社長、安永さん。
その安永さんがテレビのインタビューで、ご自身が選ばれた理由についてお話しされていました。

 

「なぜ、安永さんは、32人を抜いて社長になれたと思いますか?」
とのアナウンサーの質問に対し、

 

安永さんは、
目の前の仕事をしっかりやったからでしょう」
と答えていらっしゃいました。

 

目の前の仕事を、しっかりとやる。

 

さくらこは、
”そんなことなの?
そんなことだけで、本当にリーダーに選ばれるようになるの?”
と思ってしまいましたが、

 

そんな当たり前のことをしっかりとやれる人が、
実は少ないのかもしれません。

 

おわりに

「32人抜き」と聞くと、一気に飛躍した部分だけに焦点を当ててしまいがちですが、
そこへ至る過程は、1つ1つ目の前の仕事を確実にこなしていくという小さなことの積み重ねのようです。

 

選ばれるリーダーになるための裏ワザは存在しない。
ただ、目の前の仕事をしっかりとこなしていくこと。
ということなんですよね。

 

確かに、目の前の仕事をしっかりやる人のことを、
信頼しない人なんていませんもんね。

 

目の前の仕事をしっかりやることで、
着実に信頼の積み重ねをしてきた結果が、「32人抜き」という評価に繋がったのだと感じました。

スポンサー広告