江原啓之が会見直前に国分太一にTOKIO継続を願う「活動を続けることが償い」全文掲載

TOKIOの記者会見の日の朝、スピリチュアリストの江原啓之(えはらひろゆき)さんが、『ビビット』(TBS系)で、TOKIOの今後について、活動の継続を願う言葉を伝えました。

 

江原啓之(えはらひろゆき)さんは、「私の勝手な意見ですけれど」と伝えた上で、国分太一さんに語りかけるように、「活動を続けることが償い」「後ろ向きになることだけが制裁ではない」と伝えました。

 

「活動休止」「解散」がささやかれる中での、「継続」を願う江原啓之さんの意見。

 

その全文を残したいと思います。

 

スポンサー広告


 

江原啓之が会見直前に国分太一にTOKIO継続を願う「活動を続けることが償い」全文

江原啓之さんが、TOKIOの継続を願う「活動を続けることが償い」「世の中は後ろ向きになることを望んでない」と、国分太一さんに伝えた内容の全文をここに書き残します。

 

江原啓之さんの意見を聞き、あなたはどう感じ、どう考えますか?

 

江原啓之がTOKIO継続を願う「世の中は後ろ向きになることを望んでない」全文

 

江原啓之
「1つ言えるのは、被害者の方がいらっしゃるわけですから、これから誠意を見せていくしかないだろうというふうには思うのですけれどもね。

 

ただ、私は、山口さんのコメント、
いろいろ記者会見してましたよね。

 

で、その中に、今の出てたことでもそうなんですけどね、
46際ですよね、
46歳にもなってね、怒ってくれるのはメンバーだけで…

 

誰かに怒ってもらおうって、
まずその考え自体が幼稚でね、
幼すぎると、私は思っているんですね。

 

ちょっと、私も心情的に入り込んじゃうと思うんだけど。

 

なぜかというと、やっぱり、
私は国分さんとか、よく存じているから、

やっぱりそういった意味でね、
今まで、本当にグループのメンバーのこと
思ってやってきたんですよ。

 

それでいて、もちろん国分さんだけじゃなくてね、
長瀬さんなんかもそうだし。

 

本当にグループおもい。

 

ま、どこの家族でも
そうやって1人くらいそうなっちゃうとか、
問題は起きるのだけれど。

 

江原啓之がTOKIO継続を願う「世の中は後ろ向きになることを望んでない」全文

 

ごめんなさい。

今日記者会見なんですよね、あの、4人で。

 

そんな時に、私が、逆に先に聞いちゃったら申し訳ないんだけど。

 

あの、他のメンバーの活動は、
ちゃんとこれからも、やっていかれるんですよね。

今の、そのメンバーは、山口さん以外の。」

 

国分太一
「そこらへんに関しましても、
今日の会見で、メンバー4人から話そうかなと思ってます。」

 

江原啓之
「あのね、私は、個人的に、
それは続けていかないとダメなんだ思いますよ。

 

なぜかというと
やはり、太一さんとか、
もぅ会う時、いつもね、福島のお米なんだとか、いろいろ貰ってて。

 

だから、福島のこともアピールしてたんだって、
本当にただ仕事でやってたんじゃなくて、

 

本当に私にも「これ福島のお米で」とかって、
いつも頂いたりとかして
美味しく頂いていますけれども、

 

そういうような心情とか。

 

江原啓之がTOKIO継続を願う「世の中は後ろ向きになることを望んでない」全文

 

で、長瀬さんとかだって、そうだし、
本当に音楽のこととか愛しているし。

 

で、グループのこと、本当に愛しているし。

 

それでやってきてて。

 

で、まぁ、こういう問題が起きる。

起きるけれども、でも他の人たちも、これ崩れたら…。

 

スポンサー広告


 

私ね、これ1つ思えるのは、
メンバー全体にもね、
もちろん山口さんが犯した罪。

 

だからメンバーみんな
当事者ではないんだから、
そこまで何か、罪を思う必要はないとは私は思う…けれども。

 

ただ、グループとして言えるのは、
私はやっぱり、
ブループ内の結束の学びだと、
修行だというふうに思うんですよ。

 

やっぱりちゃんともう一辺、見つめ直して。

 

23年やってきて。

で、23年経てば、やっぱり、夫婦ですら、
やっぱりどこかなんとなく気持ちが抜けていくところが
あったりすると思うんですよね、たるむというか。

 

だからグループの中でも、やっぱり私は、
太一さんとかは、逆にずーーーっと
みんなを心配して、心配して。

 

私なんかも時々よく聞いて、
「どなふうにみんなしていったらいいかな」なんて、
みんなの心のケアのこと考えて。

 

長瀬さんも、すごい紳士じゃない?

 

だから、本当に悔しいんだけれども。

こういうことになってね。

 

だから、その、メンバーの結束の学びであるからこそ、
活動をね、きちんとやってこそ、
初めてね、グループ全体の償い(つぐない)だと私は思うんですよ。

 

だからそれが、要するに、
福島のことでも、嘘でなかった。

 

ね?これが私たちの本当の心ですっていうのを、
示してほしいと、私は個人的には願うんですけどね。

 

だから、なんか、
後ろ向きになることが制裁じゃない
と思いますよ。

 

世の中の人、みんなそんなの望んでないと思う

 

私は、勝手な意見ですけれど。

 

ごめんなさい。」

 

おわりに

江原啓之さんは、国分太一さんに、TOKIOを継続する願いを伝え続けていました。

 

記者会見の約5時間半前に伝えられたメッセージです。

 

国分太一さんは、どのように受け止められたのでしょうか?

 

江原啓之さんのTOKIOへの言葉を言葉を受け取りながらも、終始複雑な表情をしていた国分太一さん。

 

その気持ちに思いを馳せながら、私は、罪を犯した人やその関係者とどう向き合うべきなのか?と考えるようになりました。


スポンサー広告

スポンサー広告